ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)のレビューや思ったことなどをつらつらと

フェイスカバー KICKS ネックガード KAA-850

前回に引き続き、新たに購入した自転車グッズを紹介。

*公式ページが見当たらないので紹介先リンクはAmazon。 

KICKS ネックガード KAA-850 表

KICKS ネックガード KAA-850 裏

サイズは30cm物差しと比較すると以下の通り

KICKS ネックガード KAA-850 縦の長さ 30cm物差しと比較

KICKS ネックガード KAA-850 横の長さ 30cm物差しと比較

購入したものはフリーサイズである。

耳掛けはこんな感じ

KICKS ネックガード KAA-850 耳掛け

素材

KICKS ネックガード KAA-850 素材

ポリエステル85%、ポリウレタン15%。

内側

KICKS ネックガード KAA-850 内側

内側も表側と素材は変わらず。肌に当たる部分の縫製がチクチクしない様配慮されているようだ。

使ってみて

汗をかいてもベトつかず、さらっとした素材でつけ心地がよい。日差しの強い日に日焼け止めになるほか、虫を防いだり、喉の保護もしてくれている。肌にくっつかないので息苦しいようなこともない。

首元まであって寒さも防いでくれるので、クロスバイクによく乗る季節(真夏と真冬以外)はほぼ毎回着用するほど気に入っている。

耳掛けが若干緩めなので長さ調整ができれば嬉しいところ。

バックパック Deuter Race X

クロスバイクに乗り始めて3年目。サイクルコンピューターの前回電池交換から1000kmを超えているのに気が付いたので、この機会に前回の記事から増えたモノの1つ、Deuter(ドイター) バックパック RACE Xを紹介する。

www.deuter.com

前回の記事はこちら
neri5.hatenablog.com

deuter Race X 表
ジッパーポケットが1つ。

Deuter Race X 上

取っ手、ジッパーポケット、別売りのストリーマー(水タンク)を通す穴がある。

deuter Race X 横

両側にはメッシュポケット。

背中側

deuter Race X 背中

ストラップは胸部とウエストにある。

肩紐上のdeuterマークはマジックテープで開け閉め出来る。ここに別売りのストリーマーの管を通すようだ。

deuter Race X deuterマーク

身体への接触面(肩紐、ウエスト周りのベルト)などすべてメッシュになっており、背面に盛り上がっている2本のラインが背中との接触面積を減らして風の通りを良くしている。

fdeuter Race X 接触面

底面ジッパーポケット

deuter Race X 底面

レインカバーが底面に内蔵されている。

収納について

表側中央ジッパーポケット

deuter Race X 表側中央ポケット

中にキーチェーンをぶら下げられる金具あり。

上ジッパーポケット

deuter Race X 上ポケット

小物が入れられる。

deuter Race X 中

大きいものは2つに分かれており、(背中に近い方がマチなし)、その間にメッシュポケットがある。

上ジッパーポケット部分をめくるとこんな感じ。

deuter Race X 中 その2

大きさについて

A4用紙と比較

deuter Race X A4用紙と比較

A4より一回り大きい。容量は12L。

横のメッシュポケット部分の手前までしかジッパーが開かない。

一度入れると取り出し辛いので、頻繁にモノを出し入れする用途には向いていない。

レインカバーについて

deuter Race X レインカバー

deuter Race X 裏

取り外し可能。

deuter Race X レインカバー その2

強めのにわか雨が降った時に使用したが、バックパックは濡れることなく保護されていた。

使用感

2年以上使っているが快適。蒸れにくさでは他のバックパックの追随を許さず、走っていてズレないなど装着感も良いので、ウォーキング時にも愛用している。

ただ1つの欠点は、何回も入れてはズレ上がって落ちると分かっているのについつい500mlのペットボトルを収納してしまいがちな横のメッシュポケット。次のモデルでの改善を期待している。