ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)のレビューや思ったことなどをつらつらと

カマド スマートグリル B6型 UG-43とボンスター・ロールパッド B-005

先日に引き続き防災兼キャンプ用品を紹介。今回はこちら。

一人用バーベキューグリル:「カマド スマートグリル B6型 (3段調節) UG-43

パッケージ

カマド スマートグリル B6型 パッケージ(表)

コンパクト(収納時はB6サイズ)。

カマド スマートグリル B6型 パッケージ(裏)

組み立て方や注意事項が書いてある。

中身

カマド スマートグリル B6型 中身

(左から右へ)ゴトク、炭受け、バーベキュー網、下に敷かれているのは取扱説明書。

本体と受け皿

カマド スマートグリル B6型 受け皿

収納袋

カマド スマートグリル B6型 収納袋

組み立てた姿

カマド スマートグリル B6型 組み立て

幅200×奥行125×高さ180mmで、重さは760g。

収納の仕方

カマド スマートグリル B6型 収納

こんな感じでしまう模様。(外箱に書いてある説明書と左右が逆だが、左右対称のようなので問題はない・・・と思う。)

本体を閉じた状態で横から見るとこんな感じ。

カマド スマートグリル B6型 収納(横)

上面に見える3段の四角い穴に受け皿を引っ掛ける仕組みで、火力を3段階調節可能。

使ってみた

使用1回目はデイキャンプOKの河原、燃料には炭とロゴスの「エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4」を2個使用して2人で焼肉セット*1を食べた。

この時は火起こしが初めてで余裕がなかったので撮影出来ず。

2回目は自作炭火起こし器の実験を兼ねて少量の炭のみでフランスパンを焼いた後

カマド スマートグリル B6型 使用例

お湯を沸かして食後にコーヒーを飲んだ。

カマド スマートグリル B6型 使用例その2

問題発生:肉汁が取れない

1回目は肉をギリギリまで並べたうえ肉汁が滴りやすい豚肉も焼いたので外側も内側もだいぶ汚れてしまった(汚すぎて写真を撮っていない)。

片付け時は亀の子だわしやスチールたわしでは歯がたたず、油汚れをキレイに取ることが出来なかった。焼肉の臭いがプンプンする状態でしばらく放置。

その後、インターネットで汚れの取り方を探していて以下に紹介するロールパッドに出会った。

問題解決:ボンスター・ロールパッド12 個入 B-005

ボンスター・ロールパッド12 個入 B-005

bonstar.co.jp

スーパーの台所用品売り場で発見して12個入りで192円(税込)で購入*2ダイソーに置いてあると噂されているが、私の近所には置いていなかった。*3

肝心の汚れはどうなったのかと言うと、今まで苦労したのが嘘みたいに水をつけてこするだけで頑固な油汚れがツルっと落ちていった。

ボンスターで洗ったカマドがこちら。

カマド スマートグリル B6型 使用後

カマド スマートグリル B6型 使用後その2

(左から右へ)焼き網、ゴトク

カマド スマートグリル B6型 使用後その3

(右から左へ)受け皿、灰受け

収納した状態

カマド スマートグリル B6型 使用後その4

熱で色が変わってしまったのはどうしようもないが、汚れと焼肉臭はキレイにとれた。もっとこすればまだ取れるかも。

カマドを使ってみて

組み立て簡単で安定感がよく、火の調整がしやすい

本体を開いて立てたら受け皿と灰受け、焼き網とゴトクを見てすぐ分かる穴と溝にはめるだけでOK。誰でもサクサクと組み立てられるような構造になっている。

ゴトクを溝にセットすると上部と囲いが一緒に固定されるので安定感が良く、3段に調節出来るので火力調節が出来るのがうれしいところ。

また、正面が開いているので、火を使っている時でも中に置いた燃料を動かしたり足したりしやすい。

1人なら十分の大きさ&(火力が強ければ)2人でもイケる

コンパクトだが火に勢いがあれば大人2人で使用してもちょうど良いペースで焼ける。*4

ただ、火に勢いがつく前まではついつい具材を網に置きすぎて、肉と野菜が数回転がり落ちてしまった。

 枝木や固形燃料をまだ燃やしたことがないのでこれから試していきたい。

*1:牛肉、豚肉、鶏肉

*2:購入時

*3:セリアやミーツなど他の100円ショップにもなかった。

*4:火力がない場合は焼けるスピードが遅いので2人で使うにはスペース不足。

自作アルミ缶アルコールストーブ

防災を兼ねたキャンプ用品を何年もかけて少しずつ集めている。

その中で非常時に使用する燃料を探していてヒットした燃料用アルコールと、それを使うアルコールストーブ。調べていくうちにアルミ缶アルコールストーブが気になり製作してみた。

不器用な私にも出来そうな2種類(以下Aタイプ、Bタイプとする)を完成させて製作熱が治ったので紹介する。*1 

Aタイプ

Aタイプはこちらの動画を参考にさせて頂いた。

「The Original Beer Can Stove Video」 - YouTube 

 

アルミ缶アルコールストーブ Aタイプ

アルミ缶アルコールストーブ Aタイプ その2

炎の吹き出し口数は12で長さは下の缶から少しのぞく程度。

 

Bタイプ 

Bタイプはこちらの動画を参考にさせて頂いた。

「10分で作るアルコールストーブ」- YouTube

 

アルミ缶アルコールストーブ Bタイプ

炎の吹き出し口数は16で、下の缶から5mm~1cm程はみ出している。

アルミ缶アルコールストーブ Bタイプ その2

燃焼実験

燃料はこちらを使用。

ケンエー燃料用アルコール

ドラッグストアで購入可能。1本で300円強。

実験状況や条件などは以下の通り。

  • 室温は22~24度(それぞれ別日に行った)
  • 実験場所は台所で、換気扇は「強」
  • 安全確保のためセリアで購入したバットを下に敷いた
  • 500mlの水が沸騰するのにかかった時間を計測
  • 沸騰状況を確認するため蓋はかぶせなかった

消火にはダイソーで購入したコップを使用(付属していたカラビナは邪魔なのではずした)。

ダイソー アルコールストーブ消火用 コップ

A、Bタイプ共にこのコップをかぶせられるよう高さの調整を行っている。

ダイソー アルコールストーブ消火用 コップ その2

それぞれの比較

Aタイプ:燃焼時の炎

何も載せていない状態

自作アルミ缶アルコールストーブ Aタイプ 燃焼時の炎

鍋を載せた状態

自作アルミ缶アルコールストーブ Aタイプ 燃焼時の炎 その2

沸騰するのにかかった時間はこちら。

自作アルミ缶アルコールストーブ Aタイプ 沸騰までの時間

Bタイプ:燃焼時の炎

何も載せていない状態

自作アルミ缶アルコールストーブ Bタイプ 燃焼時の炎

鍋を載せた状態

自作アルミ缶アルコールストーブ Bタイプ 燃焼時の炎 その2

沸騰するのにかかった時間はこちら。

自作アルミ缶アルコールストーブ Bタイプ 沸騰までの時間

Aタイプより1分以上早く、蓋をしたら3分台で沸いてしまうかも。

実験後の本体比較

自作アルミ缶アルコールストーブ A、Bタイプ比較

右がAタイプ、左がBタイプ。

自作アルミ缶アルコールストーブ A、Bタイプ比較 その2

自作アルミ缶アルコールストーブ A、Bタイプ比較 その3

Bタイプの方が火力が強い分傷んでいるようだ。

 

表面の塗装をやすりで削っていないモノの実験後はこちら。

自作アルミ缶アルコールストーブ A、Bタイプ(表面塗装あり)比較

自作アルミ缶アルコールストーブ A、Bタイプ(表面塗装あり)比較 その2

左側のBタイプの上部は傷みが激しいうえに変形しており、2回目の使用は怖くて出来ない。Bタイプを作るなら表面を磨いておいた方が良さそう。

2種類の自作アルミ缶アルコールストーブは災害時使えるのか

※下記はあくまで私個人の見解です。

結論:怖くて使えない。

理由:アルミ缶が軽すぎて転倒のおそれがある。また、燃料用アルコールは液体なのでこぼした場合に広がりやすく、引火性も高いので取扱いに十分注意する必要がある。

使用時の心理的負担が半端なく、心が落ち着かないであろう災害時に使用できるとは到底思えない。私にとっては趣味の世界に留まるモノかなというところ。

室内で安全が確保された状況、もしくは屋外で風のない日、周りに燃えるものが何もなく、かつ万全な風防対策を行えるような(アルミ缶を飛ばされないように覆う)状況だったら使用できるかも。

せっかく作ったのに使用しないのはもったいないので、屋外でもチャレンジしてみたいとは思っている。

作ってみて

アルコールストーブは奥が深く、調べたり作ったりするのにどんどんハマってしまった。以下に興味が湧いた方への参考情報を紹介。

缶のふた部分を外すのに使用したもの

ナイフは力が必要なうえ刃の痛みが心配だったので、缶切り(家にあるもの)を使用。

アルコール缶を磨くのに参考にしたWebサイトと記事

「接着剤不要 1缶だけで作るアルコールストーブ」さんの、のこちらの記事を参照にさせて頂いた。

曲げのコツ

私(ペンチは左手で使用)の場合、ラジオペンチの真ん中ではなく右側で目標を合わせ、右手をラジオペンチでつまんだところの右横に添えて右へ傾けると、狙ったところが曲げられる。

*右利きの方は上記の「右」部分をすべて「左」に置き換えるとうまくいくはず。

 

自作アルコールストーブの情報を得られるWebサイト

「昨日から明日へと続く今日」:LittleBitWorks(りるびわ〜くす)さん

little-bit-works.cocolog-nifty.com

自作アルコールストーブの権威。アルコールストーブ以外も紹介されている。

最後に

実験時に何回かヒヤッとさせられることがあった。

その1:最初に消火に使ったアルミ缶から作った蓋が密閉不十分で、中の缶がジャンプ(プチ爆発)してこぼれたアルコールに引火。

その2:着火してすぐ、燃料を入れた際に知らぬ間に外にこぼれていたアルコールに引火。

*どちらもバットを敷いていたので事なきを得た。

試される方は燃料用アルコールの取扱いに最新の注意を払ってください。消火の準備も怠りなく!

*1:比較的簡単そうなモノを選んだはずだったが、それでも何度も失敗と試行錯誤を繰り返して合計10缶近く作ってしまった。