ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)のレビューや思ったことなどをつらつらと

キーボード漂白 pomera DM5

久しぶりに以前このブログで紹介したポメラを取り出したところ、キーボードが真っ黄色でびっくり。 …というわけで、黄ばみを取ることにした。

neri5.hatenablog.com

必要なもの

ポメラ キーボード 漂白 材料

  • 容器(全体が透明か半透明のもの)
  • ワイドハイターEXパワー
  • ゴム手袋

その他あったら役立つもの

  • 割り箸
  • 小さめのドライバーかピンセット

手順

1. キーボードの全体写真を撮る

ポメラ キーボード 黄ばみ

どこに何のキーを戻すか分かるようにしておく。

2. 電池を抜いて、キーを取り外す

部品が壊れないよう気をつけながらドライバーやピンセット、手を使って作業。

全部取り外すとこうなる。

ポメラ キーボード 取り外し

 3. ワイドハイターEXの原液に浸してベランダで日干し

容器にこんな感じに広げて原液を流し入れる。*1

ポメラ 漂白 容器

他のキーにかぶさったり、ひっくり返ってしまったら割り箸で調整して上蓋をする。

 4. 日干し終了後にザルにあげて軽く水洗い

キーが排水溝に流れてしまわないようにザルを使用。

 5. 乾燥後元どおりにキーをはめていく

上から押して入れると「パチッ」という音がしてはまる。

 ポメラ キーボード 漂白 漂白後

色の変化を東プレキーボードの上に乗せて比較してみた

浸ける前

ポメラ 漂白前 東プレキーボードと比較

黄色の「き」で比較。真っ黄色。

1日経過

ポメラ 漂白 1日経過 東プレキーボードと比較

「もういいかも。」と言うくらい一気に黄ばみが落ちた。

2日経過

ポメラ 漂白 2日経過 東プレキーボードと比較

1日目とほぼ違いは分からないが、エンターキーに漂白出来ていない箇所があったので他のキーも一緒に浸けたまま継続してみた。

3日目夕方

ポメラ 漂白 3日目 東プレキーボードと比較

もう十分だろうと、3日で終了させた(エンターキーも無事漂白出来た)。

漂白作業時の注意事項

部品が飛ぶ

飛距離も出る(最大1mぐらい)。

カーペットと同化してしまい何回も探し回るはめになった。

落ちても分かりやすい所や物が少ない場所での作業をオススメ。

金具付きキー

ポメラ 金具付きキー

一部金具がついているキーがある。取り外し注意。*2

浸け置きする前に念のために金具をはずしておいた。

部品が壊れやすい(古いキーボードの場合)

ポメラのようなパンタグラフ式キーボードは2つの部品で成り立っている。

ポメラ キーボード 部品

組み立てると写真左側が内側、右側が外側となる。

ポメラ キーボード 部品 組み立て

内側上下中央の凸部分と外側部品の凹部分を合わせているのだが、経年劣化のためか内側の凸部分が欠けやすい印象。

取り出し作業を慎重にしていたが、それでも2つ壊してしまった。

ひやっとしたが、元どおりに取り付けて動作確認したところ、凸部分の上下どちらか1箇所が残っていれば、キーは問題なく作動するようで、ほっと一安心。

きれいになってすっきり…

ポメラ 電源ボタン 取れない

「電源」以外は。

ここだけ取りはずせず際立つ黄色さ。どうしようか思案中。

*1:今回は480ml詰め替えパックを全て投入した。

*2:この機種は6種類(1、左Shift、左Ctrl、スペース、Enter、カタカナひらがなローマ字)。

電動ドライバー VESSEL 電ドラボール No.220USB-1

使う機会がほとんどないのでドライバーの買い替えを迷っていたが、ずっと気になっていたモノをホームセンターで見つけたので思わず購入。

パッケージ

電ドラボール パッケージ(表)

側面

電ドラボール パッケージ(側面)

ドライバーの特徴と各部名称が記載されている。

中身

電ドラボール 中身

説明書、VESSELロゴのステッカー、付属ビット、本体、USB充電ケーブル、注意書きが入っていた。ACアダプターは付属していない*1

本体

電ドラボール

中央の赤い部分がスイッチで、左にスライドさせるとネジを緩め、右にスライドさせるとネジが締まる。また、スイッチから手を離すと停止する。

この面には他にバッテリー充電ランプやLEDライト、充電ポートがある。

バッテリー充電ランプ

ランプは充電時は赤色、充電が完了すると緑色になる。充電時間は約60分で連続使用時間は約40分*2

充電

LEDライト

電ドリボール LEDライト

電ドラボール LEDライト

ドライバーの先に光が当たるようになっているので、薄暗い所のネジ締めに便利。

充電ポート

電ドラドリル 充電ポート

形状はMicro USB-typeBで、USB充電方式。

ビット差し込み口

スリーブを上にスライドさせてビットを差し込む。

電ドラボール スリーブ

替えビットサイズは電動ドライバー用対辺6.35mm、六角形のものであればOK。

グリップ

一部がへこんでいて握りやすい。

電ドラボール グリップ

大きさ

電ドラボール 大きさ

全長は本体がほぼボールペン(ジェットストリーム)と同じで、それにビットの長さがプラスされる感じ。

付属ビット

このモデルには1本付属(サイズはプラス2)。

電ドラボール 付属ビット

ANEXハイパービット AHPM-1326L

付属のビット1つではさすがに足りないので、私が必要だと思う他サイズも調達。

ANEXハイパービット AHPM-1326L

プラスの1から3、マイナス6が1セット。

つけてみるとこんな感じ。

ANEXハイパービット

長さが付属ビットと同じ110mmなので違和感はない。

電ドラボールを使ってみて

ちょうど良いサイズ、力とスピード

他の電動ドライバーよりかさばらず、パワーは手動レベル。*3

ネジを締めるスピードは電動にしては早すぎず、電動ドライバーを初めて使う(私の様な)初心者にも使いやすい。

「購入した家具を組み立てるのにネジ締めが面倒。でも、本格的な電動ドリルは嵩張るし、パワーがありすぎて怖い」という人に、電ドラボールはぴったりだ。 

バッテリーが使えなくなったらただの手動ドライバー(やや重め)

充電中はバッテリー保護のため使用出来ない仕組みになっており、バッテリーを変えられないので、充電が切れたりバッテリーが劣化してしまうと手動ドライバーとしてしか使用できない。

 

将来悲しい宿命が待ち受けている商品だが、手動ドライバーとしても使い続けるかどうかは、バッテリーが劣化してしまってから考えようと思う。

*1:5V 1Aで良い

*2:無負荷時

*3:電動使用時のトルクは最大2N・m