ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)の紹介や思ったことなどをつらつらと

ラベルライター DYMO M1595

懐かしいものを見かけて購入してしまった。

dymojp.shop-pro.jp

パッケージ

f:id:neri5:20170922220911j:plain

裏に使用例が載っている。

f:id:neri5:20170922220930j:plain

中身

f:id:neri5:20170922220948j:plain

本体、説明書、文字盤4種(ローマ字&数字の大小・ひらがな・カタカナ)

上部を開いてテープの交換を行う。

f:id:neri5:20170922221039j:plain

使えるテープは6・9・12mm。

開封した状態では9mm 黒がセットされていた。

使いかた

f:id:neri5:20170922221101j:plain

上部にある2つの穴のうち、大きい穴を上からみて ダイヤルを左右に回して打ちたい文字に合わせる。

f:id:neri5:20170922221217j:plain

下側についている大きいハンドルを握ると打刻される。

打刻後に手前にあるつまみ(フィードノブ)を反時計回りに3文字から4文字送ってカットすることになる(センタリングするなら5 or 6文字)。逆に回すと文字戻しとなり、こちらは濁点を打刻する際に使用する。

f:id:neri5:20170922221314j:plain

次に下側円盤前についている青いレバー(カットレバー)を握ってテープを切る。

切れ目の手前に点線が入るのでそこからシールを剥がす。

その他使い方と注意事項

文字間隔と濁点後の文字送りについて

フィードノブを手前に引っ張ると文字間隔が広くなり、押し込むと狭くなる。狭い設定の場合、濁点後は最低でも4文字送りしないと点線が文字にカブる。

文字盤は左にスライドして取り外し、入れる時は右にスライド

取り外し時に力を入れすぎると「スコーン!」と勢いよく飛んで行ってしまうので注意。

握り具合は「レンズ窓」の緑色を参考に

f:id:neri5:20170923181802j:plain

打刻位置合わせの下にある小さい穴は「レンズ窓」といい、握る力の目安となる。ココに緑色が見えるくらいの力で握るといい塩梅に打刻出来る。

点線からシールを剥がす時は慎重に

説明書にはこの方法が記載されているのだが、うまく剥がれずシールが盛り上がって白くなってしまう率が高い。私は結局ハサミを使っている。

ラベル使用例

f:id:neri5:20170922222006j:plain

シールが分厚くごっついので平らな所に貼るのをオススメする。

下の例だと…

f:id:neri5:20170922222036j:plain˙

袋がフニャついてシールが浮き上がり、端っこが手に刺さりがち。

まとめ

f:id:neri5:20170923183010j:plain

ひらがなとカタカナの字体がレトロな感じがして特にカッコ良い。 小文字がないのも味があってよいかも。

現在テプラ、マスキングテープと合わせて使い分けを考え中。

消しゴム PILOT FOAM ERASER

*以下の記事は前ブログ記事を加筆訂正したものです。

今回は、私が10年以上愛用している消しゴムを紹介。

www.pilot.co.jp

S〜XLの5サイズ展開。

表(Sサイズ)

f:id:neri5:20170920193756j:plain

f:id:neri5:20170920193915j:plain

どのサイズが良いのか

全て使ってみた結果、S以外はサイズが大きい分微妙な力加減が要求され消す力が強すぎて薄い紙だと破れることが何回かあった。小さな範囲を消す事務仕事にはSが向いており、広範囲を消すような作業はLLをオススメする。

f:id:neri5:20170920194236j:plain

上がSサイズ、下がLLサイズ*1である。

私は家ではLL、仕事場ではSを使用している。

お気に入りのポイント

消しゴムの固さがちょうど良い

本体が柔らかい消しゴムは軽い力で文字が消せるが、その反面本体が割れやすい。かといって、硬すぎると手が疲れる上、消すのに力がいるので紙を破いてしまう。

この消しゴムは固さの塩梅がちょうど良く、程よい力で文字が消せる。本体が割れないので下の写真の様に本体が小さくなってきても外カバーを付けたまま使用出来る。

f:id:neri5:20170920194015j:plain

消しカスの纏まり具合がちょうど良い

まとまり過ぎると消したくない他の文字まで消えてしまう。逆に全然まとまらなければ細かい消しかすが机上に広がってしまい作業がし辛くなる。その点、この消しゴムは長すぎず短すぎず絶妙な纏まり具合である。

新しい消しゴムが発売される度にいろいろと試してきたのだが、今のところこの消しゴムを超えるモノは見つかっていない。

*1:LLは既に使用中のものと比較しているため、実物はこれより1cmほど長い