ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)の紹介や思ったことなどをつらつらと

クロスバイクの走行距離が1000kmを超えた

*以下の記事は前ブログ記事を加筆訂正したものです。

タイトル通りクロスバイクの走行距離が1000kmを超えたので、これまでのいきさつ(購入前リサーチから現在まで)を振り返ってみた。

購入のきっかけ

社会人になり初めて自腹で購入した自転車は激安シティサイクル(1万5千円)だった。買って数ヶ月のうちにパンク。その後もハンドル周りが安定しなくなるなど不安定な代物を5年以上使い続けていた。

しかし、さすがに辛くなってきた時、父の乗っているマウンテンバイク(ミヤタ製MERIDAシリーズ)の乗り心地が良かったこと、それに対して、先代(ホームセンターで購入した自転車メーカーとしては全然知られていない安物)の乗り心地の悪かったことを思い出した。

まともな自転車を買う決心をし、自分に合う物を調べ、最終的にクロスバイクを購入することになった。

クロスバイクはどんな自転車なのか

f:id:neri5:20170701203327j:plain

自転車の種類はシティサイクル(ママチャリ含む)、小径車、マウンテンバイク、ロードバイクシクロクロスランドナー…など調べだしたらキリがないくらいたくさんあるが、その中でクロスバイクロードバイクとマウンテンバイクの良い所取りの自転車と言われている。

ロードバイクのようにスピードが出せて、マウンテンバイクのように路面の荒れた所を走れるというのがその所以だ。

比較対象になった自転車

一通り自転車の種類とメーカーについて勉強後、まず種類を絞ってそれぞれの気になる点を挙げてみた。

ロードバイク

  1. 敷居が高い(10万以上~)。自転車購入後も装備もろもろ(ロードバイクに見合う本格的なサイクルウエアなど)出費にキリがないことが予想される。
  2. 巡行速度が一番早く、長距離走れるのが魅力だがそもそも自分は長距離乗りを楽しめるのか?
  3. 盗難リスクが怖くて普段乗りに使えない。普段遣いのためだけにもう1台自転車が必要になる。

マウンテンバイク

タイヤの突起とサスペンションで悪路に強く衝撃も吸収する反面、通常の道路ではその分スピードを出しにくい。

小径車(折りたたみ可能なもの)

  1. 評判のある自転車メーカー品は6万円からと、値段がクロスバイクよりお高め。
  2. 見た目に反した重さ。クロスバイクと変わらない。(自分が検討したモデルは11kg以上あった。)
  3. 規格が特殊なので街の自転車屋さんで部品を取り扱っていないことが多い(チューブ、タイヤなど)。

こうして気になる点を種類ごとに比較した結果、クロスバイクが自分の理想に一番近いことが分かった。

  • 上記候補の中では手頃な値段(約4万円)から評判のある自転車メーカー品に手が届く。
  • 値段的に盗難のリスクが低く、また服装を気にしなくて良いので普段乗りし易い。
  • 程よいスピード感。遅すぎず、早すぎず。中距離走れる。
  • 部品も比較的手に入り易い

最終的に私が購入したのは「RITEWAY SHEPHERD CITY」(防犯登録と1年間の自転車保険を含め約5万円<当時>)だった。

www.riteway-jp.com

GIOS MISTRAL」、「GIANT ESCAPE R3」辺りが同じ位のグレード

デザイン、特定の色、マシュマロサドルに一目惚れ*1して、自転車屋さんに取り寄せてもらった。

実際にロードバイクとマウンテンバイクの良い所をどの位取れていたか

ロードバイクの良い所

巡行速度について

ロードバイクは平均時速25~30km程度と言われている。それに対してクロスバイク使用の私は18km程度だ(信号待ちを含む)。ロードバイクに乗っている人について行くのは大変だろう。

ただ、そんな私でも下りで最高40km以上出たので、脚力がある人はロードバイク乗りと並走出来るのかもしれない。

自分の理想通り、遅すぎず、早すぎずといったところ。

走行距離について

ハンドルを変えて空気抵抗を減らしたり、タイヤを細めに変えて地面との摩擦を減らさない限り、ロードバイクに乗っている方に可能な1日100km越えはキツい気がする。

私の場合、1日の最高距離は70~80kmで、その程度が限界かなと感じた。

マウンテンバイクの良い所

悪路走行について

タイヤはマウンテンバイクより細く、デコボコした突起物がついていない分滑りやすい。

私のものはクロスバイクにしては太めの700×32Cだが、砂地や細かい砂利の敷かれている場所、そして多少路面状態が悪い道(古いアスファルト舗装等)、つまり、街中走行であれば大丈夫かなという感じ。

クロスバイクに乗ってみて思ったこと

何!?これ楽しい!!

シティサイクルやマウンテンバイクでは味わえなかったスピード感、風を切る感じがたまらなく爽快だ。自然と遠出が増え、クロスバイクには重さの点からあまり向いていない輪行にも挑戦した。

学生時代に自転車を押して歩いていた激坂も、クロスバイクに乗ったまま足をつかず天辺まで上りきることが出来た。体力はその頃と比べ確実に落ちているはずなのにうれしい驚きを感じた。

車が通りにくい細い路地、交通アクセスの悪い所にも行き易く、新しいお店を見つけて立ち寄って見たり、立ち止まって景色を楽しんだり、写真を撮ってみたりと楽しいことが増えた。

クロスバイクの走行距離が1000kmを超えた

*1:父のマウンテンバイクで10km以上走るといつもお尻が痛くなった経験から

Bluetoothキーボード Logicool K480

*以下の記事は前ブログ記事を加筆訂正したものです。

パソコンとPC以外(iPad等)の両方に使えるキーボードが必要になり、使い勝手の良さそうなこの商品(Logicool K480)を購入して使ってみた。

www.logicool.co.jp

f:id:neri5:20170628201153j:plain

テンキ―がついていないのでパッケージはコンパクト。手に取るとずっしり重い(電池込みで815g)。

f:id:neri5:20170628201206j:plain

中はギリギリまで中身(キーボード)が入っている。

f:id:neri5:20170628201220j:plain

キーボードの他に入っているものは保証書(期間は2年)、注意書きとwebサイトの案内。

f:id:neri5:20170628201234j:plain

キーボードの裏には電池(単4)のフタ、電源スイッチが付いており、黄色のタグを引き抜くと通電する。(付属電池装着済)

f:id:neri5:20170628201247j:plain

スイッチは赤が見えるとOFF。

緑でONになり、同色のランプが点灯する。

f:id:neri5:20170628201334j:plain

キーボードの表面は固めだ。

f:id:neri5:20170628201347j:plain

ファンクションキー上部にシールが貼ってあり、使い方が何となく分かるようになっている。

f:id:neri5:20170628201401j:plain

iPad2と大きさを比較してみた。

f:id:neri5:20170628201414j:plain

iPad2を横向きに立て掛けてみた。

横使用の場合は純正カバーを付けたままでも立て掛けられる。

f:id:neri5:20170628201440j:plain

角度が変えられないので、縦使用は光具合によって画面上部が反射して見辛いことがある。

縦使用の場合、純正カバーは外さないと立て掛けられない。

f:id:neri5:20170628201456j:plain

キーボード右上にあるこのボタンを長押ししてWindowsAndroid等とiOS(iPad等)にBluetoothでキーボードを接続する。

Windows系PCとiPad2へのキーボードのつなげ方

Windows系PC

  1. Windows系PCのBluetoothをONにして、キーボード右側の「pc」ボタンを3秒程長押しする。
  2. PC側の画面に数字の羅列が出るので、それをキーボードで入力(入力枠は出ない)して、Enter(キーボード)を押す。
  3.  ※30秒以内にここまでを行わないと接続に失敗して1~2のやり直しなので注意。

iPad2

  1. iPad2の設定画面からBluetoothをONにして、キーボード右側の「i」ボタンを3秒程長押しする。
  2. iPad2接続画面に出てきた「Keyboard」を選べば接続完了。

接続先の切り替え(例.WindowsPCとiPad2)はキーボード左側のスイッチをカチッと回すだけ。

Logicool K480の使い心地

キーボードの幅や、キーの大きさは私が普段使用しているノートパソコン(ThinkPad:液晶14型)と同じ位のサイズで、違和感のない指遣いが可能だ。感度が良く、打鍵時の時差は発生しない。

キーボードの表面が硬いので、カチャカチャと鳴り、打鍵感がある。打ち漏れがないので長文も快適に打てそうだ。

ただ、キーボード本体の高さ(厚み)があり、パームレストが無いので、キーボードの手前に手を置いて打ち込むことになる。手が小さい人には数字キーとファンクションキーが若干届きにくい。

静かにタイプしたい人にも不向きかもしれない。

本体の重量があるので外出先に持ち歩く人は少ないと思うが、外で使うのならば、周りの迷惑にならないよう注意が必要だろうという位の打鍵音はする。

WindowsiOSのキー配列、異なる点とその対処

今回初めてiOS方式のキー配列を使用することとなった。

Logicool K480を使って分かった違いや気になる点、その対処方法を以下にまとめてみた。

iOSで使用する場合(例.iPad2

日本語、英語切り替え

スペース左右の無変換、変換ボタン(グレー色:英数、かな)

コピー&ペースト

コピーはalt(グレー色:cmd)+x、ペーストはalt+v。

予測変換のOff

iOSの進化まち。

無変換(グレー色:英数)を押した後、変換(グレー色:かな) or alt(グレー色:cmd)+スペースキー2回押しで対応。*1

F7カタカナ変換

無理。

ATOKでは出来るという噂ありだが未検証。)

2015年4月 訂正と追記

使用を続けてみて分かったことを訂正、追記する。

訂正

誤り:キーボード上グレー色の表示は複数キーを同時押しで入力

訂正:グレー色はWindows用である(logicool ガイド)。しかし、iOSでも打てるものもある。

追記

iOSで使用する場合、一部の記号はキーボードの表記と異なるものが反映される。押しても反応しないキーあり。(例.backキーの左隣、右shiftキーの左隣など)

*1:2015年2月24日現在、英語のみ設定画面→キーボードで予測変換off選択可能