ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)のレビューや思ったことなどをつらつらと

モバイルバッテリー Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- CHE-056

ANKER Power Core 10000の記事でも紹介したのだが、私は出先でモバイルバッテリーを使う機会がほぼなく、めったに持ち歩いていなかった。

しかし、最近充電が心もとない経験をしたので小さめサイズのコチラを追加で購入することにした。

www.cheero.net

ANKER Power Core 10000の記事はこちら。

neri5.hatenablog.com

パッケージ

Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- パッケージ表

Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- パッケージ裏

中身

Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- 中身

左上から時計周りで

本体、取扱説明書、注意書き、本体充電ケーブル(microUSB TypeB)

本体

表面

Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- 表面

ダンボーの目と口は光らない。

Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- 裏

左側面

Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- 左側面

右側面

Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- 右側面

左はInput、右はOutput(USB差し込み口)。本体を充電しながらの給電は出来ない。

上側面

Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- 上側面

電源ボタンあり。残容量に応じて右側面にあるインジケーターが光る。

Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- インジケーター

充電したいモノをつないだ時にも使用(ボタンを押すと充電が開始される)。

下は何もないので紹介を省略。

大きさの比較

比較対象:カード

Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- カードと比較

カードよりも小さい。

比較対象:ANKER Power Core 10000(以下Power Core)

並べた状態

Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- Power Coreと比較

上に載せた状態

Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- Power Coreと比較 その2

厚み

Cheero Power Plus DANBOARD version-Block- Power Coreと比較 その3

Cheero CHE-056(以下CHE-056)は13.5mmである。Power Coreの厚みは22mm、その半分とまではいかないがかなり薄い。

重量

CHE-056は卵一つ*1強(70g)、Power Coreは卵3つ(180g)。

充電について

バッテリー容量は3,000mAhで、iPhone 6S(1,715mAh)の充電1回強。せっかくなので、Power Coreも一緒に調べてみた。

1時間の充電量

充電環境:iPhone 6S/iPad Mini 4は放置状態で、ケーブルは純正を使用*2

  CHE-056 Power Core 充電量の差
iPhone 6S 31% 40% 9%
iPad Mini 4 23% 31% 8%

どちらを使用しても1時間充電すれば急場はしのげそう。

CHE-056メモ

iPhone 6Sを電池残量2(34-66%)から充電

バッテリーを使い切るまで42%分充電出来た。

iPad Mini 4を電池残量3(100%)から充電

バッテリーを使い切るまで28%分充電出来た。

iPhone 6Sであれば電池残量がMAXでなくてもピンチは回避できそうだが、当初の予想通りiPad Mini 4用には厳しめ。

使ってみて

とにかく軽くてかさばらないのが良い。また、形が四角いのでバッグへの収まりが良いがその良さと引き換えに、容量と出力にはやや不安がある。

使用前に本体を毎回十分に充電する必要があり、出力は強力ではない(1A)。

その点、Power Coreは一度本体充電しておけば何度も使える安心の容量で、出力も強めである(最大2.4Aのフルスピード充電可能)。

私のように「出先ではめったに使わないので出来るだけ軽いモノで、充電は急場をしのげる程度でOK」と割り切れる人はCHE-056、外出先でもiPad Mini 4を含んだ複数の機器を充電したい人にはPower Coreが良さそう。

*1:卵一つは60g程度

*2:ケーブルは非純正も試してみたが結果に変化はなかった。