ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)のレビューや思ったことなどをつらつらと

SUPER CLASSIC ひらくPCバッグnano その2

前回予告通り、ひらくPCバッグnanoを国内2泊3日の旅で使用してみた。

今回入れて持ち歩いてみたもの

ひらくPCバッグnano 入れて持ち歩いたもの

左上から時計回り(渦巻き)で紹介

  • ポーチ
  • リップクリーム2種
  • フリスク
  • ミニ鏡
  • ハンドクリーム
  • のど飴2種
  • ペットボトル(330ml)
  • 折り畳み傘
  • マスク&マスクケース
  • エコバッグ
  • ビニール袋(小)
  • 貼るカイロ
  • ポケットティッシュ
  • ノート&ペン
  • iPhone6S&ソフトケース
  • ガラケー
  • コンパクトカメラ&ソフトケース
  • 財布
  • ウエットティッシュ

リストには入っていないがJR切符もあった。

また、今回は友人と一緒だったので一人旅の際に持っていく暇つぶし用のタブレット(iPad Mini 4)は入れず。

配置

ひらくPCバッグnano 中身の配置

内側ポケット

前大:なし

奥大:マスク&マスクケース

右:ガラケー

左:ペン、ハンドクリーム

メッシュ:リップクリーム2種、ミニ鏡、のど飴、フリスク

その他(真ん中に付属仕切り1枚を使用)

右:(手前から)デジカメ、iPhone 6S、折りたたみ傘(横倒し)

左:(手前から)ノート、ウエットティッシュ、エコバッグ、ペットボトル、ポーチ

外側ポケット

のびるポケット:ビニール袋(小)、ポケットティッシュ、貼るカイロ

パンチングレザー:JR切符

購入時の期待と使って見た結果

期待していたことその1:探しモノが見つけやすそう

今までバッグの中で物が動いてしまい、思ったところに思ったものがなかったり、底に入り込んでしまったりでなかなか取り出せずイライラするシーンが多かった。

ファスナーが真ん中まで開けられて中身が一望できる上、ポケットが多いこのバッグは物の出し入れが早く出来そう。

結果: 探しモノは見つけやすかった

仕切りやたくさんあるポケットを使うと、モノが動かず配置したところにそのままある。びっくりするぐらいスムーズに物の出し入れが出来た。

期待していたことその2:長時間持った際の肩への負担が減りそう

前のバッグはひもが固く、皮膚が擦れて赤くなって肩の痛みを感じることが多かった。

肩の負担がストラップの位置の工夫と肩ひもの柔らかさで軽減されるのを期待。

結果:肩の痛みが抑えられて疲れにくかった

ひもが柔らかいので、肩にめり込んだり赤くならず快適に使用できた。

また、絶妙な位置から出ている肩ひもが体に密着するので荷物が揺れず動きやすかった。

他に思ったこと

ストラップは短めが良い

ストラップが長くしたり短くしたりしてみた結果、ストラップが長いと重量を感じやすかった。短めにして腰あたりで支えるのが良いようだ。

バッグが重い

サイズの割に重い気がする(710g)。

底に固いモノが入っており、底部分がマジックテープで開閉できるようになっていたので取り出してみた。

ひらくPCバッグnano 中敷

ひらくPCバッグnano 中敷 その2

ゴツい。

この中敷きは約84gだった。

中敷きを取っても心配していた型崩れはなくバッグも自立するので、旅行前に取り外してそのまま使用中。

それでもまだ重い印象が拭えない(取った状態の重量は約626g)。

「のびるポケット」は必要ない

ノートPC(A4サイズ)は他にかさばるもの(マウス、ACアダプター等)と一緒に運ぶことが多く、私にはこのバッグは小さすぎる。

PCの持ち運びは他の「ひらくPCバッグ」シリーズに任せて、こちらのバッグは「ひらくTabletバッグ」という位置付けで良いのでは。

のびるポケットを無くし、その代わりにポケットを1つにしてその分バッグを軽くして欲しい。

 

少し残念な所はあるがとても気に入っており、今後も遠出と旅行時には迷わずこのバッグを持っていくだろう。