ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)のレビューや思ったことなどをつらつらと

カマド スマートグリル B6型 UG-43とボンスター・ロールパッド B-005

先日に引き続き防災兼キャンプ用品を紹介。今回はこちら。

一人用バーベキューグリル:「カマド スマートグリル B6型 (3段調節) UG-43

パッケージ

カマド スマートグリル B6型 パッケージ(表)

コンパクト(収納時はB6サイズ)。

カマド スマートグリル B6型 パッケージ(裏)

組み立て方や注意事項が書いてある。

中身

カマド スマートグリル B6型 中身

(左から右へ)ゴトク、炭受け、バーベキュー網、下に敷かれているのは取扱説明書。

本体と受け皿

カマド スマートグリル B6型 受け皿

収納袋

カマド スマートグリル B6型 収納袋

組み立てた姿

カマド スマートグリル B6型 組み立て

幅200×奥行125×高さ180mmで、重さは760g。

収納の仕方

カマド スマートグリル B6型 収納

こんな感じでしまう模様。(外箱に書いてある説明書と左右が逆だが、左右対称のようなので問題はない・・・と思う。)

本体を閉じた状態で横から見るとこんな感じ。

カマド スマートグリル B6型 収納(横)

上面に見える3段の四角い穴に受け皿を引っ掛ける仕組みで、火力を3段階調節可能。

使ってみた

使用1回目はデイキャンプOKの河原、燃料には炭とロゴスの「エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4」を2個使用して2人で焼肉セット*1を食べた。

この時は火起こしが初めてで余裕がなかったので撮影出来ず。

2回目は自作炭火起こし器の実験を兼ねて少量の炭のみでフランスパンを焼いた後

カマド スマートグリル B6型 使用例

お湯を沸かして食後にコーヒーを飲んだ。

カマド スマートグリル B6型 使用例その2

問題発生:肉汁が取れない

1回目は肉をギリギリまで並べたうえ肉汁が滴りやすい豚肉も焼いたので外側も内側もだいぶ汚れてしまった(汚すぎて写真を撮っていない)。

片付け時は亀の子だわしやスチールたわしでは歯がたたず、油汚れをキレイに取ることが出来なかった。焼肉の臭いがプンプンする状態でしばらく放置。

その後、インターネットで汚れの取り方を探していて以下に紹介するロールパッドに出会った。

問題解決:ボンスター・ロールパッド12 個入 B-005

ボンスター・ロールパッド12 個入 B-005

bonstar.co.jp

スーパーの台所用品売り場で発見して12個入りで192円(税込)で購入*2ダイソーに置いてあると噂されているが、私の近所には置いていなかった。*3

肝心の汚れはどうなったのかと言うと、今まで苦労したのが嘘みたいに水をつけてこするだけで頑固な油汚れがツルっと落ちていった。

ボンスターで洗ったカマドがこちら。

カマド スマートグリル B6型 使用後

カマド スマートグリル B6型 使用後その2

(左から右へ)焼き網、ゴトク

カマド スマートグリル B6型 使用後その3

(右から左へ)受け皿、灰受け

収納した状態

カマド スマートグリル B6型 使用後その4

熱で色が変わってしまったのはどうしようもないが、汚れと焼肉臭はキレイにとれた。もっとこすればまだ取れるかも。

カマドを使ってみて

組み立て簡単で安定感がよく、火の調整がしやすい

本体を開いて立てたら受け皿と灰受け、焼き網とゴトクを見てすぐ分かる穴と溝にはめるだけでOK。誰でもサクサクと組み立てられるような構造になっている。

ゴトクを溝にセットすると上部と囲いが一緒に固定されるので安定感が良く、3段に調節出来るので火力調節が出来るのがうれしいところ。

また、正面が開いているので、火を使っている時でも中に置いた燃料を動かしたり足したりしやすい。

1人なら十分の大きさ&(火力が強ければ)2人でもイケる

コンパクトだが火に勢いがあれば大人2人で使用してもちょうど良いペースで焼ける。*4

ただ、火に勢いがつく前まではついつい具材を網に置きすぎて、肉と野菜が数回転がり落ちてしまった。

 枝木や固形燃料をまだ燃やしたことがないのでこれから試していきたい。

*1:牛肉、豚肉、鶏肉

*2:購入時

*3:セリアやミーツなど他の100円ショップにもなかった。

*4:火力がない場合は焼けるスピードが遅いので2人で使うにはスペース不足。