ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)のレビューや思ったことなどをつらつらと

クリアホルダーケース LIHIT LAB CLEAR BOOK N−7675

仕事場ではしばらく手元に置く必要がある書類をクリアホルダーに入れているのだが、そんな状態のものが10枚ほどあり、問い合わせがあった際に該当する資料を直ぐに探し出せず困っていた。

そんな問題解決にぴったりの「LIHIT LAB CLEAR BOOK N−7675」を紹介する。

LIHIT LAB CLEAR BOOK N−7675−19 表

シール部分拡大

LIHIT LAB CLEAR BOOK N-7675-19 シール

この商品の特徴が書いてある。

背表紙

LIHIT LAB CLEAR BOOK N−7675−19 背表紙

LIHIT LAB CLEAR BOOK N−7675−19 背表紙 変更

開閉できるようになっており、シール説明によると「9mm×80mmのラベル」が入れられる。*1

今後クリアブックを買い足す必要が出てくれば、テプラで見出しを作るのも良さそう。

LIHIT LAB CLEAR BOOK N−7675−19 裏

表紙内側

LIHIT LAB CLEAR BOOK N−7675 表紙内側

左下に「ホルダーキープ」ポケットがある。

LIHIT LAB CLEAR BOOK N−7675 ホルダーキープ ストッパー

中に折りこむタイプのストッパー付き。

LIHIT LAB CLEAR BOOK N−7675−19 分類シール

このポケットには分類シールが入っていた。

他ページ(オープンポケット)

LIHIT LAB CLEAR BOOK N−7675−19 中身

左右のページで出し入れ口の方向が異なる(A3用紙も入れられる)。

拡大(右ページ)

LIHIT LAB CLEAR BOOK N−7675−19 中身アップ

入れてみた

LIHIT LAB CLEAR BOOK N−7675−19 書類を入れてみた

拡大

中身アップ その2

感想

パラパラとめくって探せるので、山積み状態から引っ張り出すよりも必要な書類を見つけるまでの時間が短くなった。収納力もあり、1つに2〜3枚のクリアホルダーを挟むことができる(中身が10枚ほど入っているクリアホルダー3枚でも入った)。

ただし、中に入っている紙の枚数が多いと当然重くなる。

16ポケットのうちのほとんどをパンパンに詰まった状態で使うと、持ち上げるのに「よいしょっ」という声が出そうなほどズッシリと重みを感じるので入れすぎに注意が必要だ。

先日紹介のアクティフ12インデックス フォルダーは手元にある期間が短めの書類、今回紹介分は長めの書類用にと使い分けをしている。

*1:上下5mmの余白が必要。