ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)の紹介や思ったことなどをつらつらと

Bluetoothイヤホン Taotics TT-BH07

これまで外出先で音楽を聴く時はAppleのコチラを使用していた。

www.apple.com

装着感と音質に不満はなかったが、毎回コードが絡まりイライラが募っていた。

いくつかBluetoothイヤホンを試聴してこちら*1を購入。

外箱

f:id:neri5:20170911212106j:plain

中身

f:id:neri5:20170911212052j:plain

左上から時計回りに

  • 本体
  • イヤーピース
  • イヤーチップ
  • 充電ケーブル
  • 取扱説明書
  • 収納袋

本体

私が購入したのはコード部分がブルーのもの。

他にブラック、グリーン、レッドがある。

リモコン部分

f:id:neri5:20170911212143j:plain

左から右へ

  • ボリューム+/曲送り
  • マルチファンクション
  • LEDインジケータ
  • ボリューム/曲戻し

f:id:neri5:20170911212358j:plain

  • (裏面)マイク
  • (横)MicroUSB充電ポート

イヤホン

f:id:neri5:20170911212539j:plain

f:id:neri5:20170911212632j:plain

背面部分に磁石がついている。

f:id:neri5:20170911212650j:plain

この様にくっつけて収納可能。

イヤフックの装着イメージはこちら。

f:id:neri5:20170911212729j:plain

取り外し可能。

マルチファンクションボタンで出来ること

電源のOn/Off

約1秒押しで起動。使用中は約5秒間隔でLEDインジケータ青色点滅。

オフは3秒間押しで赤色点滅(1回)したら切れる。

曲の一時停止

短めに1回押す。

ボリューム+/-ボタンで出来ること

曲戻し/曲送り

+(曲送り)/-ボタン(曲戻し)をそれぞれ長押し

リセット/ペアリング

+/-を約5秒同時長押し

電話機能は使わないので紹介を省略。

製品仕様(抜粋)

再生時間と充電時間

再生は最大6時間、充電は1.5時間である。

重量

15g。Appleのイヤホンは10.2gだが気にならない程度の違い。

装着感

イヤホン部分が大きいが、耳に入る部分は普通サイズなのでまずまず。

購入して半年以上経つが今のところ使用時に耳が痛いと感じたことはない。

サウンド

Apple In-Ear Headphones with Remote and Micに比べて大して差は感じられない。

高音が強かったり低音が強かったりということがなく全体的にフラットな感じ。

低音に強さを求める人には向いていないと思う。

良い点

ケーブルの扱いが楽

このイヤホンの一番良いところはこの点だと思う。

ケーブルがカバンや手に絡んでしまう心配もなく、ちょっと外して肩にかけておくという使い方も出来るのは至極便利。

タッチノイズが気にならない

ケーブルを首の後ろに回すとケーブルが擦れる音が伝わらず、ガサガサというノイズが消えて快適だ。

Bluetoothイヤホンを使っていて気になること

使いたい時にすぐ使えない

私の場合、平日は持ち歩かないので使用する際に必ず充電が必要である。

しかし、出かける直前に思い出して充電時間が足らず持ち運べないということが何回かあった。

急速充電対応(30分で約2時間再生など)希望。

再生可能時間が短い

使用する時は電車移動=長時間使用なので途中で電池切れしてしまうと途端に音楽が聴けなくなるという不安がある。また、旅行の際は充電の優先順位が後回しになってしまいがち。

結局、充電切れを恐れて有線イヤホンも一緒に持ち運んでしまう。

Bluetooth非対応のものに使えない

有線で繋ぐことは出来ないので携帯ゲーム機に使えない。

結局、有線イヤホンも・・・以下省略。

最小音量が大きい(iPhone 6Sとつないだ場合)

小さくする方法としては曲を再生しながら

  1. 設定
  2. ミュージック
  3. 音量を自動調整を「On」
  4. イコライザからどれか小さく聞こえるものを選択(私は「Rock」を選択している)

イコライザは使わずデフォルトでもう少し細かい音量調整がしたいところ。

有線の「いつでもすぐ使える安心感と軽さ」、Bluetoothの「コードの煩わしさとノイズからの解放」のどちらを取るか悩ましいところだ。

*1:リンク先は改良版