ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)の紹介や思ったことなどをつらつらと

格安SIMについて (IIJMIO)

格安SIMを使用し始めて1年以上経過したので、契約前から今までの状況をまとめてみた。

以下のまとめは「諸事情でガラケーも必要」だが、「通話・メール・データ通信」は元々そんなに使っていない私のような人に少しは参考になるかもしれない。

SIM選びの参考になった本

「激安SIMと格安スマホではじめる”月500円”からのスマホ生活! 宝島社」

f:id:neri5:20170829183559j:plain

この本は初心者の疑問に思うところを丁寧に説明してあり、メリットだけではなくデメリットもキッチリと書いてあったため格安SIMに対する知識を養うのに非常に役に立った。読了後に格安SIMを契約。

新しい本が出ている模様なので紹介。

tkj.jp

契約した格安SIM

Iijmio(アイアイジェイミオ)のデータ通信専用SIM、タイプD、3GBミニマムスタートプラン 月額900円(税抜)。

www.iijmio.jp

契約は最寄りのイオンで行った。こんな感じのパッケージをレジ店員に手渡す。

f:id:neri5:20170829184535j:plain

現在の取り扱い店舗はIIJMIOこのページから検索出来る。

なぜIijmioを選択したのか

クーポン(高速通信容量)があり、必要に応じて速度切り替え(高速と低速)が出来、余った分を翌月へ繰り越せる機能(最大6GBまで)が魅力的だったから。

クーポンのON/OFF設定は「みおぽん」というスマホアプリから行う。

月々の金額がどうなったのか

格安SIM 972円+docomo携帯(ガラケー)約1,700円=月々合計約2,700円

機種代(iPhone 5)分割払いで月々9,000円程度(機種代分割終了後は月々7千円程度。)

年額で見る*1と、キャリアスマホは84,000円、ガラケー格安SIMは32,400円、差額は51,600円にもなる。

1年たてばスマホが分割ではなく一括で買えるほどの価格差。2年経つと程々の性能を持ったパソコンが買えてしまう。

データ容量と速度はどうなのか

データ容量

以下の使用状況の場合、クーポンをONにしたままでも常に6GB近い容量が残されている。

毎日

SNS、メール、天気予報のチェック

週に数回

地図ナビゲーション、路線・飲食店検索

月に0~1回程度

遠出した際はiPad miniテザリングして1~2時間程度ネットサーフィン(動画視聴あり)。

速度

常にクーポンをONにした状態で使っているが、平均で言うと「まずまず。」

クーポンのON、OFFどちらを選択していても使用する時間帯と場所によって速度差が激しいので体感速度はほぼ変わらない。

しかし、平日の正午は高速通信のクーポンをONにしていても劇的に遅くなりがち。ネットに繋がらないこともある。突然圏外になってしまうことも。

(地域差にもよるのか)改善して欲しいところだ。

今までに困ったこと

今年に入ってからスマホの機種変更に伴うSIMカードのサイズ変更(MicroSIMからNanoSIMサイズへ)を行うことになった。

自分でNanoサイズに切断するか、新しいNanoSIMを送ってもらうかという2つの方法があり、私は後者を選択。

Web上で変更したのだが、説明が分かりづらくて変更手続き完了までにかなりの時間を要した。

また、新しいSIMカードが届くまで変更手続きがうまくいっているのかどうかも分からず不安だった。

ガラケーとの2台持ちで良かったこと、そうでもないこと

メリット

  • キャリアメールが使える。
    ガラケーのみ使用していてキャリアメールのアドレス以外からの受信をブロックしている人とも交流可能(私がガラケーを維持する諸事情はコレ)。
  • ガラケー自体のTEL番号でLINE初期登録時に必要なSMS本人確認ができるため、格安SIMはSMS機能がないものを選択出来る。
    (月額140円加算、年間1,680円の節約。)

デメリット

  • 常に2台を持ち運ばなければならないのでかさばる。

格安SIMが合うタイプと合わないタイプ

「浮いたお金を他に回したい、そのためなら労を惜しまない」人

「格安スマホに変えたら2年後パソコンが買えたり、旅行が出来たり、豪華な食事を何度も楽しめる程に支払の価格差が出る。」という言葉を聞いて心踊る人は、デメリットに目をつぶれるだろう。

「自分の時間が大切で労力を使いたくない、安定した品質とサービスを受けたい」人

いちから新しいことを勉強するのはただでさえ面倒なのに、困ったことがあっても面と向かって聞ける相手がいない。

また、通信も安定しているとは言い難い。安価より安心を取るなら断然三代キャリア(docomoauSoftbank)のいずれかと契約した方が良いだろう。

以上の理由で、格安SIMはまだまだ全ての人に勧められるものではないと思う。

*1:1機種代分割終了後の計算