ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)の紹介や思ったことなどをつらつらと

ノートパソコン Surface Pro 4 その1

職場のパソコンがWindows10のため、家のパソコンもそろそろWindows10搭載のものに変更することにした。*1

私が選択したSurface Pro 4Core i5モデル(ストレージ:256GB SSD、メモリー:8GB)。

パッケージ

f:id:neri5:20170823180331j:plain

付属品

ACアダプター

f:id:neri5:20170823180400j:plain

USBを挿せる穴が1つ付いており、本体への電源供給中にUSB充電可能。

他付属品

f:id:neri5:20170823180422j:plain

上から下に

  • Surface Pen
  • PCリサイクルについて
  • 注意書き
  • 取扱い説明書
  • Office Home&Business Prenium プラスOffice365サービス(プリインストール)

本体

背面(スタンドを閉じた状態)

f:id:neri5:20170823180512j:plain

背面(スタンドを広げた状態)

f:id:neri5:20170823180531j:plain

スタンドを広げるとMicroSDカードリーダーが使用できる。 

f:id:neri5:20170823182858j:plain

上部に電源・音量ボタンがある。

f:id:neri5:20170823214915j:plain

片側側面にはヘッドホン端子がある。

f:id:neri5:20170823215053j:plain

反対側側面にはACアダプター差込口、USB1口、Mini Display Portが並んでいる。

f:id:neri5:20170823214959j:plain

別売りキーボードカバー

パッケージ

f:id:neri5:20170823180623j:plain

中身

f:id:neri5:20170823180642j:plain

キーボードの表側はこんな感じである。

f:id:neri5:20170823180722j:plain

キーボードカバーをつけて開いてみた。

f:id:neri5:20170823221145j:plain

どうしてSurface Pro 4にしたか

お絵かきがしたかったので、ペン付属タブレットタイプのパソコンを購入しようと下調べ開始。

同程度の性能の「HP Spectre x360」と迷ったが、デザインが気に入ったこちらに決定。

なぜSurface Proにしなかったのか

当時まだ発表もされておらず、発売日未定だったため。

良いところ

ペン入力ができる

画面が熱を持つので長時間はキツそうだが、期待していた程度(トレースやちょっとしたお絵描き)はできる。

字を書く場合も追随は早く、線がガタつかずに丸や点もきれいに書ける。

筆圧調整は店頭で試してみたApple Pencilとは比べようにないほど難しいので、筆圧感知が必要な方は選択肢から避けた方が良いかも。

FreshPaintをダウンロードしてお絵かきしてみた

f:id:neri5:20170823180809j:plain

用意されている筆は下のような感じである。

f:id:neri5:20170823180838p:plain

こちらの筆以外にも左右どちらかの端にある筆をクリックするとさらに選択肢が増える。

思うところにスムーズに書けて楽しい。

持ち運びしやすく、すぐ使える

今まで使っていたもの(ThinkPad E420)よりバッテリーの持ちが良く、軽くて持ち運びが苦にならない。起動が早いのも嬉しいところ。

画面が見やすい

シャープで鮮やかなので風景写真が映える。ある程度画面の写り込みはあるが許容範囲。

全体的に液晶サイズが前ノートパソコン(14.0型)より一回り小さくなった(12.3型)はずだが、アスペクト比が3:2なのでそれを感じさせないほど見やすい。*2

タッチパッドが便利

使う指の数(1本から4本)で操作を変えられるため、必要な操作をうまく割り当てれば簡単な作業(例.ネットサーフィン)にマウスは必要ない。

悪いところ

Surface Pro 4に関する情報が少ない

まだまだ普及していないため、MacbookiPadのように数多くの参考書は見つからない。インターネットでも同様に情報は少ない。

私が購入した頃はSurface Pro 4に関する参考書は以下3つしか見当たらず、そのうち地元の本屋で取り扱いがあったのは1と3のみ。

1. ポケット百科Surface Pro 4知りたいことがズバッとわかる本

www.shoeisha.co.jp

2. 今日からすぐに使える!Surface Book&Pro4スタートガイド

book.impress.co.jp

3. Surface パーフェクトマニュアル Surface Book/Surface Pro4/Surface 3対応版

www.sotechsha.co.jp

私は1番を購入したものの、1と3の違いは大してないように感じた。

サポート体制がイマイチ

家電量販店店頭で購入した場合でも家電量販店経由の修理依頼は出来ない。

インターネット経由でユーザー登録を行なった上、本人が直接MicrosoftとメールもしくはTELでやり取りする必要がある。

私の場合、本体と一緒に購入したType CoverのSpaceキーが数ヶ月で沈んだまま戻らなくなり修理依頼をする羽目になった。

メールでコンタクトを取ると、担当者の名前の記載がなく簡潔な指示だけが書かれた定型メッセージが届いた。

結局無事に交換はしてもらえたが、新しいものが届くまでかなり不安だった。

DVD再生ソフト、写真加工ソフトがプリインストールされていない

写真加工ソフトはまだしも、他メーカーのパソコンにはプリインストールされているDVD再生ソフトが1つも入っていない。

Microsoft製のDVD再生ソフト(有料)が発表されたが、ユーザーの評価が散々なため入れる気がしない。非常に不便。

問答無用の自動更新

更新を無効にしてもどこからともなく復活してくる。更新の有無と更新時間は選ばせて欲しい。

また、普段の動作音が静かなため、処理の重いソフトを立ち上げないと回らないファンが、自動更新のせいで急に回りだしてびっくりさせられることが多々あり。

数ヶ月使ってみて

会社では必要業務以外に設定を触ることがないのでWindows10自体に慣れておらず、新しい設定方法にだいぶ手間取った。

最近は慣れてきたのもあり快適に使用出来るようになってきた。

Mac Miniと違い気軽に持ち運び出来るので、今の時期であれば涼しい場所に持って行って作業が出来る。

また、起動が早く電池の持ちも良い。数時間のインターネット閲覧ぐらいであればマウス要らずでACアダプターも必要ないので身軽かつ気軽に使用できる。

次回、「ノートパソコン Surface Pro 4 その2」で設定や困ったことなどを紹介する予定。

*1:古いソフトや周辺機器をそのまま使用したかったので、ThinkPad E420(Windows7)は無料アップデート期間中に更新しなかった。

*2:ソフトによってはメニューやアイコンが小さくなったり、解像度が良くない場合あり。