ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)の紹介や思ったことなどをつらつらと

キーボード 東プレ Real Force 91U(NG0100)

MacWindowsでは以下のキーボードを使用してきた。

MacApple Magic Keyboard 日本語(JIS) MLA22J/A

www.apple.com

WindowsSurface Pro4 Type Cover

www.microsoft.com

それぞれに共通した欠点はペラペラすぎるところ。

手の感覚で位置を感じられないので、打ちたいキーの真ん中に手を配置出来ない結果、打ち損ないが発生する頻度が高い。

手が慣れることがなく、ファンクションキーはいちいち手元を見なければ打てないという手間も嫌で、とうとうお高いキーボード「東プレ Real Force 91U(NG0100)」に手を出してしまった。

外箱

f:id:neri5:20170820160754j:plain

中身

f:id:neri5:20170820160904j:plain

本体左上から時計回りに保証書、取り扱い説明書、ワイヤーキープラー

本体(表面)

f:id:neri5:20170820161109j:plain

キーボード拡大

f:id:neri5:20170820161203j:plain

本体(裏面)

f:id:neri5:20170820161325j:plain

線を右、中央、左いずれかから出せるようになっている。

f:id:neri5:20170820161435j:plain

下両側に滑り止め付き。

f:id:neri5:20170820161512j:plain

f:id:neri5:20170820161527j:plain

上両側には高さを変えられるレバーが付いている。

このキーボードにした理由

当初はHHKB Professional Type-Sを買うつもりで、触り心地を確かめに家電量販店を訪れた。

HHKBの方が余計なものを削ぎ落としたデザインとコンパクトなサイズ感が良いと思っていたし、ネット上の動画を見るとタイピング音も静かめだったからだ。

しかし、実際にタイピングしてみるとキーボードを押す力が91Uより必要だと感じた。

また、キー表面(バネ?)が固いのか押し込んだ時に指の先に感じる衝撃が強かった。

他にも事前に把握していたのだが、独立したファンクションキーがない点が気になり始めた。F7~F10を多用するのでファンクションキーは独立して欲しかったのだ。

売り場でこの2点以外にもさまざまなキーボードも試してみたが、打ち込む力具合やキーの配置など、全ての条件でReal Force 91Uが自分の手にしっくりきたのでこちらを購入することになった。

使い始めてすぐ感じたこと

キータッチ キー表面(バネ?)が柔らかいが、ぐらつかずに打ち込めて指の先に来る衝撃も少ない。

またキーボード本体に重量があり滑り止めもついているので本体が安定していてズレを気にせず打ち込める。

軽い力で正確にタイピング出来るが、その音はパンタグラフに慣れている身としてはかなりうるさい。

タイピングテストをしてみた

使い始めて数時間、e-typingの腕試しをしてみた。

f:id:neri5:20170820162412p:plain

1回目でこの結果。 ミスが相当減った。まだ使い慣れていないのにこの結果でびっくり。

Windows/Macで使用時にしたことー覚え書きー

Windowsの場合

キーに表示されている文字と違うものが入力される

Surface Pro4を起動後にこのキーボードを繋げたらUS仕様キーボードと認識された(?)らしく、"「"の刻印のあるキーを押したのに"」"が入力された。

また、「半角/全角」が、「Alt」と「半角/全角」を押さない場合、「’」と入力されてしまう。

東プレホームページの「よくある質問」から辿った指示を試すも、インストールに失敗したとのメッセージがあり、キーボード自体が反応しなくなってしまった。

対処法

ドライバを消して再起動させたら勝手にドライバがインストールされて正常に使用できるようになった。

電源を入れる前にケーブルを挿しておくことが必要だったのかもしれない。

Macの場合

Windowsの経験を生かして起動する前にケーブルを差し込む。 起動するとキーボードの設定画面が勝手に立ち上がるので指示通りに設定。

このキーボードはMac対応ではないので、この状態だと日本語/英語の切り替えが出来ない。

そこで、「Karabiner-Elements」という設定ソフトをダウンロードして「変デジ研究所」さんのこちらの記事を参考に設定。

今の所まだ音の違和感には慣れないがとても打ち易く、キーボードが使いたくて文章を書く機会が増えている。

また、自分がBackSpaceキーとDelキーを使い分けていたことにも気付き、それぞれのキーが独立して存在するこちらのキーボードを購入して良かったと思っている。

これから末永く使っていきたい。