ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)の紹介や思ったことなどをつらつらと

Mac mini(Late2014) 購入から2年

気がついたらMac mini購入からもう2年以上経過していたので、今の状況をまとめてみることにした。

購入時の記事は以下2つ

neri5.hatenablog.com

neri5.hatenablog.com

これまでの経過

数ヶ月休眠

f:id:neri5:20170820115648j:plain

仕事が忙しくなり、プライベートの時間が激減。

Windows機で使用していたソフトの代替を見つけるのが大変なうえ、ソフトインストールのルールもわからず、何かしらの設定をしようとするとその都度ネット検索が必要なMacより次第に使い慣れたWindows機(ThinkPad)に頼ってしまうようになった。

ディスプレイを見やすくするよう工夫をしたが、写真が色あせて見える点がどうしても気に入らなかったのも要因の1つ。

使用再開

仕事が落ち着き、再開と同時にディスプレイを新調。サイズは前とほぼ同じ22型で今度はDell製 S2216H、光沢タイプを選択。

f:id:neri5:20170820141833j:plain

f:id:neri5:20170820141904j:plain

HDMI接続時の文字のにじみがほとんどなく、色が鮮やかに表示されるようになった。

時間が出来たこと、ディスプレイ新調を機に再びMac miniを使い始める。

使用しているソフトと用途

Google Chrome:インターネット

www.google.co.jp

Safariと使い比べしてみて、Chromeの方が私には合っていたのでSafariからこちらへ変更。

FireAlpaca:お絵描き

firealpaca.com

操作がシンプルでわかり易い。私にとっては必要な機能が十分備わっている。(レイヤー、透明化など)

GIMP、iMage Tools、Nikon ViewNX2、プレビュー:写真加工と閲覧

GIMP

Photoshop Elementと同様の機能を持つ写真加工ソフト。

iMage Tools

写真をまとめてリサイズする時に使用している。

Nikon ViewNX2

Nikon D3100で撮影したRAW画像を編集するのに使用。私の梅仕様(最低ランク)のMac miniで使うと動作がもっさり。

プレビュー(プリインストール)

当初、連続して写真を見る方法が分からず四苦八苦。

Finderから写真の入っているフォルダの中の写真をどれか1枚を選択した状態でSpaceキー、そしてカーソルキーで次の写真へ進める。

iTunes:音楽

www.apple.com

辞書(プリインストール)

ブログ作成や英文メッセージのやり取りに使用している。

CotEditor:テキストエディタ

coteditor.com

ブログ記事の下書きに使用。

Dash:スニペットアプリ

kapeli.com

よく使う定型句を登録して簡単な操作で挿入出来るので、ブログの原稿編集時に使用。

Page(プリインストール):文書編集

Wordと比べてレイアウトのバランスが取り易く、Macの方がフォントもおしゃれなため、時々カレンダーや軽い資料作りに使用。Windowsとやり取りしたい場合はデータ橋渡しに難がある*1ので使用していない。

Mac(mini)を使ってみて

良いところ

更新の選択余地があり、システムのバグも少ない

Windowsのように問答無用で自動更新されないので不意に動作がもっさりしたり、再起動を促されるような状況が発生しない。

Windowsの場合、更新は頻繁に行われるが直して欲しいバグはそのままなケースが多い。

また、バグの入った更新のせいで突然パソコンが使えなくなることがあるため、再起動が必要な更新の際はちゃんと起動するのか、ループにはまってしまうのかとドキドキしてしまい身体に悪い。

システムが安定している

Windowsに比べてフリーズが少ない。安心感あり。

プリインストールの辞書が便利

収録辞書が多く、日本語だけでなく英語、英語シソーラスまで把握しているので、物書き時に便利。

デザインがおしゃれで見易い

標準フォント、アイコンなど総合的なデザインが見やすくてきれい。Windowsは標準フォントが見辛く、デザインも絶望的にダサい。

気になるところ

純正以外の周辺機器との相性が悪く、純正は価格が高い

純正以外の周辺機器との相性が悪め。マウスは無線、Bluetooth両方を試したがカーソルが明後日の方向に行ってしまうことが多いのでやむなく有線を使用している。

また、一般のBluetoothキーボードはファンクションキーを認識してもらえなかったため純正キーボードを購入したが、安っぽい作りでキーボードの反応も遅く、正直1万円以上出して買うものではないと感じた。結局別の有線キーボード(Real Force 91U)を購入して使用中。

ソフトの数と情報が少ない

Windowsで使っていたものに似た機能を持つソフトのMac版を探すのに苦労した。

ファイル互換がイマイチ

Windowsとのファイル互換に難あり。(「Page」の欄参照)

プリインストールのOffice系ソフトの機能が少ない

Page、Numbers、Keynoteの編集機能が少なすぎる(Pageで言えば目次が作れないなど)。事務仕事に使うには物足りない。

現在の使用頻度について

Mac(mini)は8割、Windows機は2割である。Mac(mini)の方が大きな画面(22型)で使用しているのもあり、使用する割合が高い。

Windows機もDellのディスプレイにつなげるのだが、面倒なのと繋いでもフォントが汚いのが気になるため接続していない。

Windows機は作業場所が自室以外の場合で持ち運びしたい時や、仕事関係(Officeソフト使用)、年賀状作成などで使用している。

Windows機との住み分け

Mac用Office製品(Word、ExcelPowerPoint)や、MacWindowsを起動させるソフトを購入するよりも、そのまま手持ちのWindows機とOfficeソフトを使用した方がお得かつ楽なため、Mac(mini)に完全移行するのはやめ、仕事関係は既存のWindows機に任せることにした。

それ以外の作業全般に(ネット閲覧やブログの記事作成、お絵かき、写真加工など)自動更新に悩まされず、動作の安定しているMac(mini)を使用している。

まとめ

それぞれに使用方法や使用感は異なるが、とまどいを感じるのは特別な作業をする時(設定やソフトインストール時)だけである。

Macのルールに慣れて使用状況が安定すれば、操作に困ったりどちらかが異様に使いづらいということは全然感じなくなった。

職場でWindowsを使うのであれば手元にWindows機があった方が何かと便利ではあるが、職場で必要ないのであればMacの方が使い易いと感じている。

*1:「が」が「か〝」のようになったり、変な所でスペースが挿入される