ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)のレビューや思ったことなどをつらつらと

Bluetoothキーボード Logitech Keys-To-Go その1

Keys-To-Goは携帯できるキーボード(iOS用)としては約1万円というお高いキーボードだったのだが、いつの間にか約6千円に値下げされていた。

日本未発売モデル(AndroidWindows用)も送料込みで同じ価格帯に。…というわけで、どの機種にも使えそうなのでこちらのタイプをお取り寄せ。

www.logitech.com

パッケージ

Logitech Keys-To-Go パッケージ表

AndroidWindowsのロゴが印刷されている。

Logitech Keys-To-Go パッケージ裏

裏にはキーボードの特徴が箇条書きされている。

  • ウルトラ薄い
  • 汚れに強く頑丈
  • キーの幅がいい感じ
  • Android/Windowsのショートカット対応
  • 充電式で3ヶ月もバッテリーが持つ
  • Bluetoothで繋げる

…という具合。

中身

Logitech Keys-To-Go 中身

上、左から右にSmartphone Stand、充電ケーブル、注意書き、簡単な説明書、本体。

iPad2と大きさ比較

Logitech Keys-To-Go iPad2と大きさ比較

横幅はほぼ同じ。

右側

Logitech Keys-To-Go 右側

充電ケーブル差込口とON/OFFスイッチがある。厚みは5mm程度。

キーボード部分の拡大

Logitech Keys-To-Go キーボード拡大

表面はふわっとした触り心地の起毛布地。

本体裏

Logitech Keys-To-Go 本体裏

Logitech Keys-To-Go 技適マーク

技適マーク(左から2番目)が付いているので日本国内でも使用可能。

付属スタンドを使用してみる

スマホ(Zenfone2) ー横ー

Logitech Keys-To-Go 付属スタンド使用 Zenfone2の場合(縦)

Zenfone2の場合、画面の下部分が一部隠れてしまう。

スマホ(Zenfone2) ー縦ー

Logitech Keys-To-Go 付属スタンド使用 Zenfone2の場合(横)

この使い方なら画面が隠れないし、安定感もある。

スマホ用スタンドだが、タブレットも立ててみた。

タブレット(iPad2) ー横ー

Logitech Keys-To-Go 付属スタンド使用 iPad2の場合(横)

立てられるがキーボード本体が軽いので手前の浮き上がりに注意。

タブレット(iPad2) ー縦ー

Logitech Keys-To-Go 付属スタンド使用 iPad2の場合(縦)

倒れそうな感じが増した。iPad2に普段つけているカバーをおとなしく使った方がよさそう。

OSによる違いや使い勝手についてはその2に続く...