ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)の紹介や思ったことなどをつらつらと

ホチキス Kokuyo Harinacs

仕事用に二種類のホチキスを導入してみた。

まず1つ目、針なしで紙を綴じる「Kokuyo Harinacs コンパクト」からご紹介。

www.kokuyo-st.co.jp

パッケージ

f:id:neri5:20170625165221j:plain

f:id:neri5:20170625165234j:plain

中身

f:id:neri5:20170625165247j:plain

取扱説明書が同封されていた。

使ってみる

綴じ目(表)

f:id:neri5:20170625165308j:plain

左から3枚、5枚のA5罫線を綴じてみた。

綴じ目(3枚裏)

f:id:neri5:20170625165323j:plain

綴じ目の毛羽立ちは目立たない程度だ。

綴じ目(5枚裏)

f:id:neri5:20170625165356j:plain

こちらも綴じ目の毛羽立ちは目立たない。

A5罫紙7枚を試してみる

綴じ目(表)

f:id:neri5:20170625165342j:plain

綴じ目(裏)

f:id:neri5:20170625165433j:plain

厚みがあるので用紙挿入口にセットするのに一苦労した後、レバーを押し込むと思わず出る唸り声。かなりの力が必要で、表側の綴じ目も毛羽立っている。

ちゃんと綴じられていなかったらしく、この後表側から数枚バラけてしまった。

やはり説明書通り限界は5枚までのようだ。

使ってみて気付いた良い点

設定枚数(5枚以内)を守れば、会社や自宅用シュレッダー(最新)にそのままかけられる

枚数の少ない紙をホチキス(針タイプ)で止めた場合、ホチキス針を取り外そうとすると紙が破れてしまったり、手の爪を使って爪が剥がれたりすることがあった。このホチキスを使えばそんな事態が避けられそう。

保持力は十分

付属の説明書には針タイプのホチキスと同等の保持力はないと記載されているが、5枚までなら満足出来るレベルだ。

気になる点

枚数を気にする必要あり

綴じられる枚数が5枚なので、針を使うホチキスでは考えることが少ない、(綴じる)紙の枚数を気にする必要がある。

レバーが重い

レバーのバネが強いので使うのに(押し込むのに)相当な力が必要。連続使用には向いていない。

綴じ目が大きい

針で綴じるホチキスと違い、綴じしろがかなり必要。余白がないものを綴じるのは難しい。

やり直し不可能

やり損ねたからといってそのままもう一度レバーを握ると紙がボロボロになってしまう。失敗してしまうと針のホチキスなら小さな穴2つで済むが…こちらの失敗跡は悲惨だ。

次に紹介予定のホチキスと使い分けて行こうと思う。