ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)の紹介や思ったことなどをつらつらと

デジタルメモ KING JIM pomera DM5

文房具を購入しようと寄ったお店で2,000円台で売られているのを発見。

その時は 「いくらお安いからといい、2010年発売の電化製品を今更買っても…。」 とスルーしたものの、pomera DM5について調べていくにつれてどんどん興味が湧いてしまい、結局購入してしまった。

www.kingjim.co.jp

外箱

f:id:neri5:20170621200139j:plain

f:id:neri5:20170621200206j:plain

箱の中身

f:id:neri5:20170621200243j:plain

左から説明書、保証書、お客様登録カードはがき、USBケーブル。 *他にボタン電池1個(CR2032)が本体にセットされている。

本体

f:id:neri5:20170621200341j:plain

f:id:neri5:20170621200418j:plain

USBポート、microSDカードスロット、その他電池カバー(ボタン電池、単4電池)、リセットボタンなどがある。

ギミック

1. 液晶部分を上に開く

f:id:neri5:20170621200513j:plain

2. 本体左側にある三Open三を押し込む(「カチン」という音がしてキーボードのロックがはずれる)

f:id:neri5:20170621200600j:plain

3. 本のページをめくるようにキーボード部分を右方向にパタンと開く

f:id:neri5:20170621200638j:plain

以上の3ステップ。

液晶画面

f:id:neri5:20170621200827j:plain

画面の角度を変えた場合

f:id:neri5:20170621200722j:plain

液晶画面が中心部より左寄りについているが入力時に違和感はない。

画面の小ささ(4型・320×240ドット)を一番心配していたのだが少し横長のフォントのおかげか見易く長文も書けそう。

角度を変えて光の入り具合を調整し、画面の明るさを変えることができる。夜間はデスクライトがあった方がより見易いと感じた。

心配していた反応速度は、決して早くはないが気にならない程度(私にとっては)。

*私のタイピング速度はe-typingThunderレベル

www.e-typing.ne.jp

キーボード

f:id:neri5:20170621201643j:plain

サイズは大きすぎず、小さすぎず。打鍵感はまぁまぁといったところ。

右手親指でスペースキーを押す人(私)にとっては、折りたたみのギミックがちょうど引っかかる位置=スペースキーの右端を押す感じになり押しづらいので、別の指を使って押すか、左手で押すよう調整が必要。

他機種との比較

シグマリオン3

ポメラと同じく、持ち運びしやすいテキスト入力マシンとしてシグマリオン3と比較。

幅の比較

f:id:neri5:20170621201806j:plain

キーボード部分の拡大

f:id:neri5:20170621201849j:plain

シグマリオン3は指同士をすぼめて使わなければならないがブラインドタッチ可能。

ポメラシグマリオン3に比べると指の間隔に少し余裕がある感じ。

今回2つを並べてみて、シグマリオン3の幅がこんなに狭いのにそんなにストレスなく使えていたことに驚きを感じた。

ノートパソコン

f:id:neri5:20170621203151j:plain

ノートパソコンとも並べてみた。まぁ当然、ノートパソコンの方が何のストレスもなく打ちやすい。

良いところ

操作が簡単で必要最低限の機能あり

説明書を読まなくてもWindowsPCを日常使っている人であれば直感的に使える。PCのショートカット(Ctrl+X=切り取りなど)が使え、文章作成時にあったら便利な検索・置換機能、ブックマーク機能などがついている。

パソコンとの連携も、USBケーブル経由かmicroSD経由で出来る。(「pomera」というフォルダ直下にファイルが表示される。フォルダ別の管理は出来ないようだ。)

持ち運びしやすく、すぐ使える

重さが約285g(電池を除く)と軽く、手に入りやすい単4電池2本使用(eneloopも使用可)で持ち運びと電池切れの心配がない。

また、電源ボタンを押して起動まで2秒程度で、電源を切る前の状態から文章の編集を再開出来る(前に保存しなくてもデータ保持されているため。)

ちょっとした不満

入力位置を表すカーソルの点滅が分かり辛く見失いやすい。点滅部分の横幅をもう少し太くするなどの工夫が欲しい。

また、付属のUSBケーブルが不良品で、パソコン側がUSBポートに刺さらなかった。仕方なく別の電化製品についていたケーブル(mini-Bタイプ)を使用している

こちらの記事草稿はポメラDM5で作成。