ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)の紹介や思ったことなどをつらつらと

鉛筆の蛍光マーカー(グリーン)クツワ RF017GR

最近は蛍光マーカーを使う頻度が減っているのだが、気になる商品を見つけて購入してしまった。

パッケージ

f:id:neri5:20170622200621j:plain

こちらの商品は蛍光「ペン」ではなく、蛍光「鉛筆」。

蛍光「鉛筆」は今まで使ったことがなく、新鮮だった。

www.kutsuwa.co.jp

他にオレンジ、ピンクがあるがパッケージの写真を参考にして、文字が一番見易いと思ったグリーンを選択。

中身

f:id:neri5:20170622200747j:plain

鉛筆削り兼キャップがついている。

キャップを開けてみる。

f:id:neri5:20170622200815j:plain

芯にズームイン。

f:id:neri5:20170622200921j:plain

色は鮮やかで、蛍光ペンのグリーンと発色は変わらない印象を受けた。

試し書き

f:id:neri5:20170622201036j:plain

上のにじんでいる線は筆ペン、下はボールペンで書いた字に引いたもの。

発色は蛍光ペンのように鮮やかだ。線は鉛筆を削らず、初期状態のままでこの太さだ。

印刷してある字に引いてみた

f:id:neri5:20170622201219j:plain

字の幅に合わせ、数回重ねている。

しばらく使ってみて

良いところ

引きやすい

鉛筆なので滑らかに動き、引きやすい。

手が汚れにくい

キャップをつける時に目測を誤って手についたとしても鉛筆なので蛍光インクより手は汚れない。

引いたところが見やすい

程よい濃さで下地になった文字が隠れない。

残念なところ

一度で文字全体を覆えない

上の写真のように購入直後の太い芯の状態で書いても線が細い。

鉛筆を横にした状態で引いてみたらどうかと試してみたが、この使い方は鉛筆の伸びが悪く、また柔らかめの芯が折れそうになるので無理そう。

文字を全て覆うような使い方をする場合、最低でも一往復は必要。

付属の鉛筆削りがイマイチ

付属の鉛筆削りで削ると手元がブレて柔らかめの芯が折れがち。

鉛筆をしっかりと固定できる市販の鉛筆削りを使ったほうが良さそうだ。