ネリノコモノ

ネリが使用する小物(ときどき大物)の紹介や思ったことなどをつらつらと

クロスバイクの装備品について

前記事に引き続き、今度はクロスバイクの装備品についてまとめてみた。

早めに揃えたほうが良いもの

前照灯:「CAPTAIN STAG 3LEDライト Y-4618」 1,620円(購入当時。以後省略)

f:id:neri5:20170630220813j:plain

ネットでの評価が概ね良かったので購入。

道路交通法前照灯は400カンデラ以上と決められているが、これは基準を満たしており(600カンデラ)、ライトはこれ1本でOKだ。単四電池3本(充電池OK)使用でウォータープルーフ構造。

安かったので心配だったが、街明かりの元で走る程度なら明るさは満足出来るレベルだ。取り外しも楽なので満足している。

盗難防止のため普段は取り外しており、雨天の夜間走行をしたことがないので、ウォータープルーフ構造に効果があるのかは不明だ。

尾灯:「CAT EYE セーフティ/テールライト TL-LD155-R」 1,182円

www.cateye.com

f:id:neri5:20170630220932j:plain

クロスバイクに付属している反射板では視認性が低すぎると思ったので購入。

今のところ付けはずしに困ったり、壊れたりなどはしていない。

空気入れ:「GIYO GF-55P ゲージ付きフロアポンプ(米/仏/英バルブ対応)」 2,475円

*写真なし

数回軽い力でポンプを上下するだけで空気入れが終わる。今まで自転車に空気を入れるだけで乗る前から疲れていたのは何だったのかという位楽だ。

クロスバイクは週1程度で空気を入れた方が良いと言われているが、気軽に空気が入れられるようになったのでそれが苦にならなくなった。値段もお手頃で文句なしである。

ボトルケージ:「LOUIS GARNEAU COLOR BOTTLE CAGE」 703円

携帯空気入れ:「Ruler GP-61S」 1,522円

f:id:neri5:20170630221043j:plain

ボトルケージは一度ガタついた道を走行中、ペットボトルが吹っ飛んで行ったのでそれ以後ペットボトル兼水筒カバーを付けて使用している。

携帯空気入れはコンパクトで軽いので、自転車に常備している。説明(パッケージ台紙)が簡素すぎて仏式アダプタにするのに四苦八苦したが何とかなった。

今のところパンク修理の練習に使っただけだが、直接自転車のバルブに差し込む形式なのでバルブを傷めてしまわないか心配。コンパクトさを犠牲にしても入れる部分が本体から離れているタイプにするべきだったかも…。

サドル下につけるケース:「TOPEAK Wedge Pack 2M」 2,980円

f:id:neri5:20170630221158j:plain

2つのうち下側のジッパーを開けると容量が増える。小さくて出し入れに苦労するが必要なものは全て入ったので満足。レインカバー付。

以下、ポーチに入れている6つのものを紹介。

1. 自転車の鍵:「Nextyle 自転車用コンパクトワイヤーロック NT-K ivy」 1,563円

www.e-otomo.co.jp

f:id:neri5:20170630221647j:plain

鍵は元々持っていたが、サイズがコンパクトなものが欲しかったので追加購入。

2. 軍手:「100均ガーデニンググローブ」 108円

f:id:neri5:20170630221702j:plain

パンク等修理、輪行時の組み立てと分解時に使用。

3. 六角レンチ(アーレンキー):「100均のレンチ」 108円

*写真なし

10本セットで、そのうちの必要な数本だけを持ち運びしている。何回か使っているが特に問題はない。

4. タイヤレバー:「SCHWALBE 3本セット」 498円

f:id:neri5:20170630221730j:plain

3本を持ち運びしている。*1

5. 替えチューブ:「SCHWALBE(シュワルベ) 700×28~45C」 950円

幸いにもまだパンクしたことがなく、使ったことがないので特にコメントはない。

(パンク修理練習時は、元々入っていたチューブを出し入れしただけ。)

2017年追記:使用してみたら、バルブサイズが間違っていた。40mmではなく60mmを改めて買い足し。ロングバルブの価格は1000円台だった。

6. パンク修理キット(パッチ):「100均のパンク修理キット」 108円

写真なし

↑上と同じ理由で省略。

2017年追記:替えチューブのバルブサイズ間違えで急遽使用。パッチを貼り付けて1ヶ月ほど経つが、剥がれることなく使えている。

ただし、付属のヤスリのみ1回使用でボロボロになったため、ホームセンターで100円以内で買い足した。

その他

サイクルコンピューター:「CAT EYE VELO WIRELESS+ CC-VT210W」 2,827円

www.cateye.com

f:id:neri5:20170630222025j:plain

サイクルコンピューターを購入するのは初めてだが、無線なので面倒な配線もなく、取り付けは簡単だった。速度と走行距離、消費カロリーが分かって面白い。

ただ、CO2削減量の表示機能よりもバックライトをつけて欲しかった(夜間は全然見えない)。

ガタガタ道を走ったり、輪行する際にタイヤを外したりすると高確率でセンサーがズレて認識しなくなる。無線の有効範囲がかなり狭いようだ。

また、結束バンドが緩みがちなので時折固めに絞る必要あり。

自転車カバー:「ホームセンターのプライベートブランド」 1,680円

f:id:neri5:20170630222115j:plain

100均のカバーが薄すぎてスケスケで守ってくれる感ゼロだったので、ホームセンターの自転車コーナーで購入。今の所、汚れとサビを防いでくれている。

遠出をするなら

サイクルグローブ:「サイトーインポート GELパッドサイクリンググローブ(Mサイズ)」 1,280円

f:id:neri5:20170630222147j:plain

GELパットが入っており、クッションが程よく効いている。最初から所々糸が出ていたりするが、ハサミで整えればなんてことはない。

これを着けて長距離を乗ったら手の皮が剥けなかった。

輪行袋:「Mont-bell コンパクトリンコウバッグ」 6,377円

webshop.montbell.jp

f:id:neri5:20170701185734j:plain

サイズ比較にiPhone5と並べてみたが、その名の通りボトルケージに入れられるコンパクトサイズ。

前後の車輪を取り外すタイプで、この袋に入ったら電車で輪行できるサイズ…に収まっているはず(測ったことがないが)。

まだ使い慣れていないので、出し入れに15分~20分程かかる。

最初から付属していた大きめのスタンドが付いている自転車でもギリギリ入れられた。*2

私の場合、タイヤと本体の固定がへたくそなせいかダウンフレームに複数の擦り傷が入ってしまった。別途フレームカバーも必要なのかもしれない。

サングラス:「ブランド名不明」 2,036円

f:id:neri5:20170701185805j:plain

遠出には必須。しないと目が日焼けして充血と頭痛が半端ない。また、虫除けにもなっている。

薄めの色付レンズを選んだのでトンネル内でもはずさなくてOKだ。デザインはイマイチだが機能十分。

ヘルメット:「Kabuto Entra2」 6,151円

f:id:neri5:20170701185825j:plain

自転車道以外交通量が多い所、車との距離が近い所を走る予定がある場合に使用。

被り心地は…普通。

内部に付いているメッシュははずして洗濯可能。

費用をまとめてみた

早めに揃えたほうが良いもの

約14,000円(13,817円)

その他

約5,000円(4,507円)

遠出をするなら

約16,000円(15,844円)

合計 約35,000円(34,168円)

個人的には、必要度の高いものより遠出用にお金がかかっている結果にびっくりした。

自転車本体以外に最低限かかる費用の目安として参考にしてもらえたらうれしい。

*1:最初は2本だったが、実際にパンク修理で使って見たところ3本の方がやりやすいため、変更。

*2:RITEWAY SHEPHERD CITY: サイズ(380)の場合。